女性弁護士をセフレにすることは可能?効率の良い出会い方・セフレにする方法は○○!

女弁護士をセフレにする方法「女性弁護士をセフレにしたい!」と思ったことがある男性は、どんな方法で女性弁護士と出会ってセフレ関係になろうと思いましたか?
この記事では女性弁護士の探し方やおすすめの出会い系サイト、女性弁護士をセフレにする際の注意点などを分かりやすく解説しているので、少しでも気になった男性はぜひ最後までお付き合いください。

目次

女弁護士とセフレ関係になる難易度はどのくらい?

出会い難易度 やや困難
セフレ難易度 やや困難

女性弁護士に限らず弁護士は、

  • 依頼者からの法律相談でアドバイスをする
  • 法律に関する書面を作成する
  • 裁判手続きを依頼者の代理で行う
  • 被疑者や被告者の権利を擁護する弁護人となる
  • その他財産の管理を行う

成年後見人や遺言書の通りに財産を分配するための活動を行う遺言執行者などといった仕事を行っています。
弁護士は法律の専門家であるため、法に側ってしっかりと役割を果たさなくてはなりません。
そのため万が一の最悪な場合を想定して奥様や彼女が居る男性とは関わらないようにしたり、グレーゾーンに足を踏み入れないようにしていることが多いです。
よく言えば

  • 真面目
  • ガードが堅い

悪く言えば

  • ノリが悪い
  • 簡単に体の関係を持つことができない

と言えるでしょう。
こうしたことから女弁護士と出会う・セフレにする難易度はやや困難と思った方が良いです。

女性弁護士をセフレにするにはどんな方法で探すのがおすすめ?

女性弁護士をセフレにしたい場合、あなたはどんな方法をとりますか?
弁護士という職業はお堅いため、方法次第では完敗してしまいます。
では、よく行われている3つの方法について解説していきますね。

  • ナンパ
  • SNS
  • 出会い系サイト

女性弁護士をナンパしてセフレにする難易度は?

結論から言うと、女性弁護士をナンパしてセフレにできる難易度は100%です。
その理由として軽いナンパをするくらいであれば犯罪になりませんが、相手が困っているのにしつこくナンパをするのは軽犯罪法や迷惑防止条例に反する可能性があります。
女性弁護士はこうした条例や法律に詳しく、ちょっとやそっとの声掛けについていくような職業ではないためセフレの有無の前にナンパすら難しいと思った方がいいでしょう。

SNSを使って女性弁護士をセフレにする難易度は?

SNS上で起こりやすいトラブルとして

  • 名誉毀損
  • プライバシーの侵害
  • 侮辱罪

の3つが挙げられます。

名誉毀損 第三者から客観的に見て相手の名誉を傷つけている何らかの事実を記載したと判断できる内容(誹謗中傷や罵り合いも名誉毀損です。)
プライバシーの侵害 個人情報や住所、昔の経歴といった本人が公開されたくない情報を他人が発信する
侮辱罪 具体的な事実を記載しなくても、相手のことを侮辱するような内容の発言(SNSで炎上している人に「死んでしまえ」「殺す」などと送るのも侮辱罪や脅迫罪です。)

ナンパと同じでSNSでも法律的アウトとも言える行為が色々とあるため、女性弁護士に法律的アウトなアプローチの仕方をするとスルーされてしまうか訴えられてしまう可能性があります。
こうしたことからSNSを使って女性弁護士に声をかける・セフレ関係になれる難易度は90%と言えるでしょう。

出会い系サイトを使って女性弁護士をセフレにする難易度は?

弁護士というのは世間から見てお堅い職業になるため、パーティーや合コンなどに参加しても上手くいかないパターンが多く、最後の頼みの綱として出会い系サイトに登録をしている女性弁護士も居ます。
自ら出会い系サイトに登録をしているためナンパやSNSに比べてコミュニケーションが取りやすくなっています。
そのため出会い系サイトを使って女性弁護士と出会って仲良くなれる難易度は20%と低く、その後のセフレ関係については少し高い50%程です。
思考による相性の良さやあなたとやりとりをする心地良さがあればセフレ関係になれる%は低くなると思っていいでしょう。

女性弁護士をセフレにしたい男性には3つの出会い系サイトの利用がおすすめ

利用する出会い系サイトによって仕様はもちろん機能も異なるので、複数の出会い系サイトを利用して女性弁護士を見つけてアプローチをすると効率よくセフレ関係に持ち込みやすくなります。
では、おすすめの出会い系サイト3つをご紹介していきます。

  • Jメール
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール

Jメールは豊富な掲示板によって気楽にアプローチができる

Jメールには

  • ピュア掲示板
  • アダルト掲示板
  • 誘い飯掲示板

という3つの掲示板があります。
その中でも誘い飯掲示板は「今から○○行ける人いますか?」「今から会える人いますか?」などの「今から○○」というお誘い募集が非常に多いため、即会いに発展しやすくなっています。
そのため誘い飯掲示板に投稿している人のプロフィールを見て、女性弁護士であればワンナイトもしくはセフレ関係に期待できます。

ハッピーメールにある『ハッピー日記』が有能

ハッピーメールではプロフィール検索はもちろんハッピー日記を更新している女性の中からセフレ候補を探すことができます。
日記動画像の有無・プロフ動画像の有無・キーワードの入力・キーワード検索対象・並び順といった細かい条件で検索できるので、「人肌恋しい」「寂しい」などとハッピー日記に記載している女性弁護士を見つけたらセフレ関係になれる可能性が高いです。
プロフィールだけでは分からない心情をハッピー日記で知ることができるのは効率よく会え、セフレ関係に発展させやすいです。

ワクワクメールのプロフ検索を使って新人女弁護士を狙える

ワクワクメールのプロフ検索で、自己紹介のワード検索をすることができます。
2ワードでの検索も可能なので『弁護士 上京』『弁護士 寂しい』と検索をかけてみたり、1ワードで『寂しい』『人肌恋しい』『1人暮らし』などというよくある検索をかけてヒット数を増やすこともできます。
寂しがり屋の人や1人暮らしを始めたばかりの人はセフレ関係になりやすい傾向があるので、検索をして女性弁護士がヒットした場合はセフレ関係になる日もそう遠くはないでしょう。

女性弁護士をセフレにするのに出会い系サイトがおすすめの理由って?

女性弁護士をセフレにする方法としてナンパ・SNS・出会い系サイトだとご紹介しましたが、どうして出会い系サイトの利用がおすすめなのか分かりますか?
その理由は大きく分けて3つです。
では、それぞれの理由について分かりやすく解説していきます。

  • 普段の日常生活では出会えない女性弁護士に出会え、アプローチがしやすい
  • 未婚・彼氏なしの若い女性弁護士に出会いやすい
  • 自分好みの女性弁護士を探せる

普段の日常生活では出会えない女性弁護士に出会え、アプローチがしやすい

頻繁にパーティーや合コンに参加をしていても女性弁護士に出会えることはかなり少ないです。
また、普段の日常生活で女性弁護士に出会える機会はほとんどの人がないでしょう。
ですが出会い系サイトというのは気軽に始められるだけではなく、サイトによっては非常に安全のため女性弁護士も出会いを求めて利用していることがあります。
ナンパやSNSに比べて出会い系サイトは自分と同じ目的の利用者が多いことで職業に関係なくアプローチがしやすく、波長が合えばすぐに会うことだってできます。
こうしたことから普段の日常生活では中々出会うことができない女性弁護士にアプローチしやすい環境だと言えます。

未婚・彼氏なしの若い女性弁護士に出会いやすい

出会い系サイトには年齢が若い人が多く利用していることから興味本位や出会い目的で若い女性弁護士が登録していることが結構あります。
色々な出会い目的のアプリが流行っていることで若い年齢の人ほど躊躇することなく出会い系サイトに登録していることが多いです。
こうしたことから彼氏欲しさやセフレ欲しさ、癒し欲しさなどから仕事で疲れている若い女性弁護士が多く利用しているので、職業を弁護士に絞って検索をかけると効率よく自分の望んでいる条件の女性弁護士に出会うことができますよ。

自分好みの女性弁護士を探せる

「弁護士ならどんな女性でもいい」と思っている男性は少ないはずです。
セフレ関係になるからには波長が合ったり自分好みの容姿であることが重要かと思います。
出会い系サイトを使うことでメッセージ等のやりとりで波長を知ることができますし、自分好みの容姿の女性弁護士に出会うことだってできます。

出会い系サイトを使って女性弁護士を探す方法

出会い系サイトを使って女性弁護士を探す方法はいくつかありますが、その中でも出会い系サイトに慣れていない男性でも簡単に女性弁護士を探す・コミュニケーションがとれる方法をご紹介していきます。

  • 検索・絞り込みをして女性弁護士を探す
  • 刺さるメッセージを投稿して女性弁護士にアピール
  • 見つけた後の平均約2週間は頑張り時
  • 2回目のデートに繋げる

検索・絞り込みをして女性弁護士を探す

出会い系サイトによって仕様は異なりますが、掲示板メッセージの検索・プロフの検索・新人検索・写真検索・趣味検索・キーワード検索などができる出会い系サイトが多いです。
この検索・絞り込みを利用することで手っ取り早く女性弁護士を探し出すことができます。
検索をかけた後はプロフを見てセフレにできそうかどうかを判断してからアプローチをするとより効果的です。

刺さるメッセージを投稿して女性弁護士にアピール

「弁護士の方はちゃんと休めていますか?お仕事が忙しいとは思いますが仲良くしていただけたら幸いです」といった投稿をして、「私は弁護士をしています」などとメッセージが来るように仕向けて女性弁護士を探す方法もあります。
長年出会い系サイトを利用していても「こんな子が居たんだ!」「この子は初めて見たな」という女性の投稿やプロフィールを見つけることがあります。
そのためピンポイントの人に刺さるメッセージを投稿することで相手からアプローチを貰えたりします。

見つけた後の平均約2週間は頑張り時

出会い系サイトを使って女性弁護士を探すことは決して難しいことではありません。
本当に難しいのは探した後に出会うまでの期間です。
女性弁護士を探すことに成功しても、その後のやりとりでうまくいかなかった場合はせっかくのチャンスが流れてしまいます。
出会ってから会うまでの期間が長すぎるとお互いにテンションが下がってしまうので、テンポよく物事を進めていくと女性弁護士を見つけた後も比較的スムーズにことが進んでいきます。

2回目のデートに繋げる

出会い系サイトを使って女性弁護士を見つけたら、「いいな」と思ってもらえる言動をすることが大切です。
検索をかけた後に女性弁護士1人1人にアプローチをかけたり。掲示板等を使って女性弁護士にアプローチをして探す方法でもいいのですが、どんなん方法であれ「この人と会ってみたいな」「この人とならエッチしてもいいかも」なんて思わせることが今後のセフレ関係の有無に繋がってきます。

女性弁護士をセフレにするコツは?

女性弁護士をセフレにするコツとしては3つです。
これからご紹介する3つのコツを理解しているとしていないでは大きな差ができるでしょう。
では、女性弁護士をセフレにするコツを解説していきます。

  • 掲示板機能を利用する
  • 大手の出会い系サイトを利用する
  • 積極的なアプローチと安全を考えた行動のバランスをとる

掲示板機能を利用する

どの出会い系サイトにも掲示板があるのですが、出会い系サイトを使っているにもかかわらずこれまでにセフレができなかった人ほど掲示板を利用していないです。
掲示板を使うことで活動の効率や成功率に大きな影響を与えるものだと思っていいでしょう。

大手の出会い系サイトを利用する

本当に出会うことができる大手の出会い系サイトを利用すると女性弁護士をセフレにできる可能性がかなり高まります。
仕事柄安心且つ安全なものを利用したい傾向が強い女性弁護士は、大手の出会い系サイトに登録しているケースが多いです。
そのため安全性の高い出会い系サイトの利用は女性弁護士とセフレ関係になりやすい環境だと言えるでしょう。

積極的なアプローチと安全を考えた行動のバランスをとる

相手は女性弁護士なので積極性だけでの行動は正直リスクが大きくなるだけですし、かといって安全や安心だけを考えた行動をしていてはいつになっても女性弁護士をセフレにすることはできません。
積極的なアプローチと安全を考えた行動のバランスについては、以下が望ましいです。

掲示板 書き込みのチェックを積極的に行い、気になる女性弁護士が居たらメッセージを送る
メッセージのやりとり 自分の都合だけで予定や話を進めるのではなく、自分の要求を伝えつつ相手の意見も聞く

セフレにしやすい女性弁護士はどんな特徴?

女性弁護士の多くは堅実で真面目・法律以外の一般知識も豊富・経済面が豊かというのが特徴です。
これだけ見るとすごくお堅くてとっつきにくい印象ですが、「仕事以外はフレンドリーに接してほしい」と思っている女性弁護士は多いです。
職業柄お堅いだけであってそれ以前に1人の女性なのでやはり「恋をしたい」「お互いにメリットしかない関係が欲しい」「異性の友達が欲しい」という気持ちがないわけではありません。
そのため、良い意味で自分に対して距離感0の人に弱い・経済面が豊かなことで結婚や彼氏を望んでいない・独身歴が長い女性弁護士はセフレにしやすい傾向があります。

女性弁護士をセフレにする際の注意点は3つ

「これで女性弁護士とセフレ関係になれるかな?」と、ウキウキ・ワクワクするのはまだ早いです。
女性弁護士をセフレにする際の注意点が大きく分けて3つあります。
この注意点を知らずに女性弁護士とセフレ関係になってしまうと「こんなはずじゃなかった…」なんてことになるので、3つの注意点について解説していきますね。

  • ドタキャンがよくある
  • 口が達者で何も言い返せない
  • 負けず嫌いでケンカに発展しやすい

ドタキャンがよくある

弁護士という仕事柄、急用が入ってしまうことがよくあります。
そのためドタキャンをされることは多いです。
また、良い感じの雰囲気の時に「ごめん!仕事が入った…」とその場から急いで仕事に向かうなんてこともあります。
仕事だからこそ何も言うことができないドタキャンではありますが、短気な人や予定を乱されたくない人にとっては女性弁護士をセフレにするのはかなり難しいでしょう。
それでも女性弁護士をセフレにしたい場合は事前に予定を立てるのではなく、当日に会う約束をするのが望ましいかと思います。

口が達者で何も言い返せない

法律だけではなく一般知識も豊富なため、気に食わないことがあると討論で打ち負かそうとしてくることがよくあります。
職業柄しょうがないことだとは思いますが、多少間違っていることでも正論のように述べて言い負かそうともするので知識の乏しい一般人には口で叶う相手ではありません。
そのため気が強いもしくは口が達者な男性とは合わないでしょう。
それでも女性弁護士をセフレにしたい場合は、何があっても右から左に流せるスキルを身につけておくことが大切です。

負けず嫌いでケンカに発展しやすい

職業柄なのか気が強くて負けず嫌いな女性が多いです。
そのためセフレ関係であっても腑に落ちないことがあれば「○○は違う!」「どうしてそうなったの?」と自分が納得できるまで問いただしてきたり、ケンカともなれば「そっちが謝ってこない限り私からは絶対に謝らない」なんてこともあります。
負けず嫌い同士でセフレ関係になってしまうと長く付き合っていくことは難しいので、女性弁護士をセフレにしたい場合は腑に落ちないことがあっても男性側が優しく対応して折れてあげることが大切です。

女性弁護士をセフレにする方法まとめ

普段の日常生活の中で女性弁護士と出会ってセフレ関係になるのはかなり難しいことではありますが、出会い系サイトを使えば比較的簡単に女性弁護士と出会うことができてアプローチの方法次第ではセフレ関係になれちゃいます。
各出会い系サイトの機能の使い方を把握しておくことも女性弁護士と効率よく出会ってセフレ関係になれる方法とも言えるでしょう。
女性弁護士と本気でセフレ関係になりたいと思っている男性は、この記事を参考に行動してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる