セフレ作りにWith(ウィズ)は使える? 覚えておきたい特徴と利用方法の注意点

With(ウィズ)は20代の若者に人気のマッチングアプリで、2016年からサービス開始と比較的新しいのも特徴になります。

独自の心理テストや性格診断が充実していることから、自分の性格にマッチした相手が探しやすいのが魅力です。

ただし、真剣な恋愛や婚活をする人向けのアプリになっているため、セフレ探しに使うには注意が必要です。

相手が真剣な出会いを求めているケースが多く、体目的だとバレてしまうと運営に通報されるなどリスクがあるからです。

出会い系サイトでセフレを作りたいのであれば使い方にコツがいるアプリになります。

目次

With(ウィズ)でセフレは探せる?データをまとめました

With(ウィズ)でセフレは探し

URL https://with.is/
ユーザー数 400万人以上
マッチングのしやすさ やや簡単
セフレの探しやすさ 困難
女性の年齢層 18歳~29歳
女性のユーザー層 恋人探し、婚活
アダルト掲示板の有無 なし
知名度 Web媒体での広告がメインで、メンタリストDaiGo監修の恋愛アプリということで話題になり、20代のユーザーが非常に多い

With(ウィズ)で直接セフレを探すのは困難で、ほとんどの女性が恋人探しや婚活のために利用しています。

既婚者の利用も不可になっていて、明確に恋愛・婚活向けのマッチングアプリであることがわかります。

年齢は20代中心で大学生やOLの恋人を探したい人におすすめのマッチングアプリです。

アダルト目的の掲示板などもないため、まず恋愛対象として見てもらってからセフレを目指すなど、クッションをはさむ必要があります。

【実践】With(ウィズ)でセフレを探すコツは真剣な出会いからなし崩し的に関係を維持すること

With(ウィズ)はマッチングアプリの特性上、真剣に結婚を考えたり、真面目に交際を考えてくれる相手のみが選ばれます。

そのため、まずは真面目に恋愛を求めるようにプロフィールなどを整え、恋人関係からなし崩し的にセフレになるように調整することが大切になります。

長く付き合えるパートナーを探しているなど将来性に言及しておく

With(ウィズ)で効率よくセフレを探したいのであれば、まず恋人探し、パートナー探しが前提であることをプロフィールに書いておく必要があります。

中でも長く付き合えるパートナーを探しているなど、将来について言及しておくと印象が良くなります。

結婚を視野に入れる女性が多い分、短期的な関係を求める人よりも受けが良くなるからです。

恋人とセフレの違いがあるものの、長く付き合えるパートナーを求めているのであれば嘘にはなりません。

早めにデートに誘って反応が良い相手のみを選んでいく

With(ウィズ)を使う女性は20代中心ですが、デートに対する意識や結婚観などは大きく違います。

重要なのは早めにデートに誘って、ノリでOKしてくれるようなフットワークが軽い女性を選ぶことです。

慎重に相手を選ぶタイプの女性は、肉体関係に発展させるまでに手間取ることが多くなります。

物事を深く考えない女性の方が、自分が都合の良い関係に誘導しやすいのです。

良く考える女性ほどセフレへの誘導は難しくなるため、ゆるく恋人を募集している女性を中心にアタックするのもおすすめです。

脈ありの相手が見つかったら早めに退会する

With(ウィズ)はマッチングアプリになるため、真剣な交際相手が見つかった場合は退会するのが一般的です。

脈ありの相手が見つかったら早めに退会して、他に女性を探していない、本命はあなたですとアピールするのが効果的になります。

縁が切れるようであれば利用を再開するなど柔軟な利用ができるため、会員であることにこだわりすぎないことも大切です。

別のアプリや、出会い系サイトを併用し、With(ウィズ)とは違う手段で女性を探し続ける方法もあります。

セフレ作りが目的であるということは絶対に言わない

With(ウィズ)は真剣な恋愛や結婚を求める人のためのマッチングアプリで、セフレ探しの利用を想定していません。

体目的のみの利用は根本的に利用規約に反する可能性があり、目的がバレた場合は強制退会などのペナルティを受ける可能性もあります。

女性にバレた場合も通報対象になりえるため、絶対にセフレ作りが目的と言わないことが大切です。

恋愛を目指す中で偶然セフレになるなど、体の関係になることはNGではないため、解釈の余地を考えて行動する必要があります。

With(ウィズ)でセフレを探したい場合の時間帯の見方まとめ

With(ウィズ)でセフレを探す場合は、時間帯や曜日で相手の職業、生活サイクルを見極めるのがおすすめです。

その後の関係の維持やデートのハードルにも違いが出るため、反応のある時間帯などを知っておくことが大切になります。

10時~12時は平日が休みのサービス業の女性が多めになる

10時から12時にアクティブに動く人は、平日が休みのサービス業の女性が多めになります。

仕事の休憩時間に積極的に男性を探す女性もいますが、その場合は男性に対する飢えが強いと見ることができます。

平日と休日の反応の違いを見つつ、「いつもこの時間は空いてるの?」など、デートに誘う前段階としての話題をはさんで距離をつめるのがおすすめです。

全体的な反応で言えば層が薄いため、隙間を狙う戦術を使う場合以外は別の時間帯を狙うのがおすすめです。

12時~18時は仕事が忙しい女性も隙間時間でWith(ウィズ)をチェックする場合も

12時~18時は曜日を問わずに、仕事の隙間時間を使って相手を探す女性の書き込みが増えます。

午前中の早い段階よりも反応が得やすいため、夜が忙しい場合はこの時間帯をメインに相手を探すことになります。

まめさをアピールするためにこの時間帯にメッセージのやり取りをするのも方法です。

夜はメッセージが集中しやすい分、目立ちにくいからです。

早め早めに返信をして、相手の返事を急かさないスタイルをとると好感を得やすくなります。

18時~23時は活動的な女性が多いので誘いやすいのが魅力

18時~23時は仕事が終わり、家で休んでいる女性などが多くメッセージのやり取りがはかどるのが特徴です。

各種書き込みなどのチェックもこの時間に行われることが多く、とにかく多くの女性をセフレ候補に入れたい人におすすめになります。

デートなどの誘いもこの時間帯に受け入れられることが多く、アクティブに活動したいのであれば外せない時間帯です。

数を当たれば反応がゼロということも少なく、積極的に動きたい時間帯になります。

深夜1時~朝方5時は夜職の女性なども多くセフレ関係に持ち込みやすい

深夜から朝方にかけての時間帯は、夜職の女性や精神的に不安定な女性の割合が多くなってきます。

不眠症などを患っていて夜に眠れない女性も多く、依存傾向が高い女性の割合が増えます。

真面目に付き合いたいというよりも、寂しさを埋めてくれる男性であれば言いといった女性とも出会いやすく、セフレ探しにうってつけの時間帯です。

ただし、自分の生活サイクルと合わない場合は対応が難しくなる場合もあるため、チェックは休前日にするなど工夫をすることも大切になります。

【結論】セフレ探しゴールデンタイムは深夜1時~朝方5時になっている

セフレ探しのゴールデンタイムは深夜1時~朝方5時にかけてで、隙がある女性を狙えば体の関係まで進める可能性が一気に上がります。

少しでも確率をあげたい人におすすめで、押しの一手でセフレが出きてしまうケースがあるほどです。

ただし、メンタルを病んでいるなど癖がある女性の割合も高くなるため、明るく行動的な女性が好みの場合は活動時間を18時~23時にするのがおすすめです。

また、関係の維持が大変場合は早めに縁を切って別の女性を探すなど、割り切りも重要になってきます。

With(ウィズ)の管理体制は?セフレ探しをしても大丈夫?

利用規約はきびし目で、おおっぴらにセフレを探せばすぐに通報される恐れがあります。

プロフィールにアダルト目的の出会いを求めていると書くのはNGな他、セフレ作りに使えるアダルト系の掲示板などもありません。

あくまで恋愛・結婚目的で相手を探し、結果的にセフレ関係になるという理由と結果が必要になるのです。

心理テストなどを利用して自分と相性がいい女性の傾向を掴んだり、各種検索機能で20代女性の傾向を掴むのをメインで利用するのも方法です。

セフレ作りではなく本命彼女作りに使い、出会い系サイトなどをセフレ作りに利用するなど使い分けをする人もいます。

主な利用者層の関係で、真面目なプロフィールを作れば第一印象で信用されやすいというメリットもあるため、メッセージやデートの反応などを見て対応を変えるのも選択肢になります。

【結論】With(ウィズ)でセフレ探しは厳しいため使う場合は計画的に

With(ウィズ)は利用規約などの関係でセフレを作るのが難しく、直球でアダルトな出会いを狙えないというデメリットがあります。

出会い系サイトなどよりも制限が厳しいため、制限を受けたくない場合は別の媒体でセフレを探すのがおすすめです。

真面目な恋愛を求める女性を落としたい、相手によっては本命の候補に加えるなど柔軟に考えられる人向けで、セフレ探しとしては上級者向けのツールになります。

他には20代の利用者が多く、既婚者の登録がNGなどの特徴もあるため、若い女性をセフレにしたい、既婚者のセフレはリスクに感じるなどの事情がある場合は候補に入ります。

デメリットとメリットの比較をした上で選ぶ部分になるため、難しいと感じたら避けるのも方法です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる